パエラ(パエリア)

2017年ドゥニ・リュッフェル氏の夏季講習会で習ったメニューです。


お米を炊くときに入れる水分は贅沢にも、フォン・ドゥ・ヴォライユ(家禽のフォン)とフュメ・ドゥ・ポワソン(魚介のフォン)2種類です。

そして素材から出る旨み、全てをお米が吸っているので一口食べると様々な旨みが味わえます。


今回は運よくアカザエビ(ラングスティーヌ)が手に入りました。

その代わり?貝を買い忘れてしまったので、貝の風味が無かったのが惜しい~。


パエリアってそれほど手間もかからないのに、見た目がゴージャス。

オーブンから出してテーブルに運べば、家族やお客様の歓声が上がるの間違いなしです!

フランス料理教室 ねこのひげ

神奈川県 藤沢駅からバス15分!  代官山 イル・プルー・シュル・ラ・セーヌで習ったフランス料理を中心に、 自宅で少人数レッスンを致します。 本格的なフランス料理をわかりやすくお教えいたします。 スペシャルな技や難しい用語なんて知らなくても、ぜんぜん大丈夫!! 日々のお料理ができる方ならできちゃいます。 お料理初心者の方も丁寧にお教えしますので、「丁寧にゆっくり」お料理してみましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000